「依存・隷属」と「批判・拒否」は表裏一体、本質的には同じこと。二元的な分離意識。

○.責任転嫁と被害者意識を強めるということは、自己が創造主(神)であることを否定することになるので、神業(知恵と力と勇気)を発揮できなくなります。

○.何かに依存したり、隷属した生き方をすると、他人に翻弄され、苦しい人生になります。

○.自立自己責任・積極的な意識状態(進化意識)で活動するとき、人間は最大のパワ-を発揮することが出来ます。

○.一方、消極的(受動的・依存的・隷属的)な意識状態で活動するとき、人間は最小のパワ-しか発揮できません。いやいやながら活動すると、心も体もボロボロになります。

○.スピリチュァルな教えの中に、「委(ゆだ)ねる」という言葉があります。「委ね」と「依存]は区別して考えた方がいいと思います。「委ね」とは、自我意識で思い悩むことをやめて、神(神我・魂)や聖者に委ねるという意味で使用します。

他力(たりき)や惟神(かんながら)と同じ、心の声・良心(宇宙意識・神我)に従っているとワクワク感や喜び・至福を感じる。心配や恐れがない。

○.自我(エゴ)意識で神(神我・魂)に御利益を求めるのは「依存]。成功者の体験談を盲目的に信じ、真似ることも同じ。

※心を静め無我・無心状態で神(神我・魂)に意識を向けるのは「委ね」と言ってもいいと思います。

※心を静め無我・無心状態で神(神我・魂)に意識を向けると高次元のエネルギ-と共鳴共振し、潜在意識に蓄積した不調和な記憶(信念・観念・執着)が浄化され、意識が覚醒します。

※自我意識で不調和な記憶(信念・観念・執着)を浄化することは出来ません。

親鸞聖人は、自我意識で唱える念仏を「自力本願」と言って戒めています。心を静め無我・無心状態で唱える念仏を「他力本願」と言って、推奨しています。