○.クロ-ン技術というのは、人間・動物などの身体の細胞(個)から身体(全体)を創り出す技術。

クロ-ン技術は、部分(個)の中にも全体が畳み込まれている宇宙のホログラム構造を証明した。

○.日本の古神道「万物(個)の中に神(全体)が宿っている」という偉大な教えのとおり。

○.宇宙のホログラム構造を、イエスキリストは「私は天の父の中におり、天の父は私の中にいます」と表現している。

○.釈迦は「山川草木悉皆成仏 (さんせんそうもくしっかいじょうぶつ)」と表現している。

つまり山も川も草も木も全てに仏(神)が宿っているという意味。

観察者の意識が素粒子(量子)の振る舞いを決める。

○.人間(観察者)の意識が現実を創造していることを証明した。

「この世は、心(意識)の写し」という偉大な教えのとおり。

○.アインシュタインなど超一流の科学者達は、釈迦やイエスキリストなど聖者たちの教えを理解できるはず。

※科学が発達するに従い、聖者たちの教えを理解できる地球人類が増えている。

※森羅万象全てを説明できる教えが「真理の教え」。

○.潜在意識を活用し、自分の思い通りの現実を創造する方法は、成功哲学として、「ジョセフ・マ-フィ-」「ナポレオン・ヒル」「デ-ル・カ-ネギ-」など多数の著名人によって体験談が語られている。

  • 「真理」というものは森羅万象すべてを説明できるもの。

それゆえ、人は「真理」を探求したい衝動に駆られる。

○.究極のものは、美しくシンプルです。

「真理」は、数学で説明できる。

○.地球の科学者は、物理方程式に「意識」を算入していないため壁にぶつかっている。

昔から、「この世は、心(意識)の写し」と言われてきたように、「意識」が創造の原動力であることに気付かない限り、井の中の蛙から脱出できない。

○.地球の科学者の一般的(基本的)な成長プロセスは、唯物論→唯心論(観念論)。

ニュ-トンやデカルト唯物論の代表者のように言われていますが、晩年は唯心論に傾斜していた様子がうかがえる。

  • この世の人生を楽しめる意識レベルに至っていない地球人類の、この世の人生の目的は、「自分探しの旅」。

 自己の本質が永遠不滅の神(魂)であることを悟る旅。

○.「人間を含め全ては神である」「宇宙には神しか実在していない」ということ。

科学が発達すれば、聖者達の教えが全ての人に理解される日が来るはず。

人類が、「真理」を探求し、覚醒すれば科学も飛躍的に発達する。

○.「真理」を探求し、山の頂上(神)に登頂する方法は、人の数ほどある。

 仕事、学問、芸能、スポ-ツなど、あらゆる分野から登頂可能。

その道の達人といわれる人達は、山の頂上(神)に近づいて、神業(かみわざ)を発揮できるようになった人達。