⑨戦争は人間を地球に拘束(こうそく)する目的で意図的に起こされる

 このタイトルを見たとき、驚きました。 戦争が、「漁夫(ぎょふ)の利(り)」を狙うように、起こされているのは知っていましたが。

 たとえば、幕末の日本の状況でいうと、フランスは徳川幕府に洋式軍隊建設を働きかけ、武器販売をしようとしていたのに対し、グラバー、ジャーディン・マセソンなどイギリス勢は、薩長のはじめとする維新軍をけしかけ、武器を売りつけようとしていたということ。 その裏には、ビジネスのためには、国家をも売る 「死の商人」 といわれる企業・人々がいる。 くわしいことは、こちらから、るいネットの記事です。幕府にフランス、薩長にイギリス、坂本龍馬は暗殺・・・すべてロスチャイルドの描(えが)いた必然だった。この幕末の状況を知ると、「国際銀行家たちの操作」 がよく分かります。

 

『紀元前200年―   最後まで残っていた「旧帝国」のピラミッド文明(の痕跡(こんせき))は「テオティワカン」にある。アステカ語であるテオティワカンの名前の意味は、「神々の場所」あるいは「人が神に変えられた場所」という意味である。エジプトのギザのピラミッドの天文学的な配置のように、この施設の全ては太陽系の正確な縮尺模型となっており、内惑星、小惑星体、木星土星天王星海王星冥王星の軌道距離を正確に反映している。

       天王星1787年まで、現代の地球の天体望遠鏡ではまだ発見されてはおらず、冥王(めいおう)星も1930年まで発見されてはいなかった。このことから明らかなことは、これらのピラミッドの建設者は、地球ではなく、他の情報源からの情報を持っていたということである。

地球を支配する「神々」「旧帝国」残党は「爬虫類人」だと思わせたい

   地球におけるピラミッド文明に共通する性質は、蛇(へび)Snake(スネーク)、竜dragon(ドラゴン)、あるいは蛇Serpent(サーペント)のイメージが常に使用されていることである。これが意味することは、ここにこれらの文明を植え付けた存在たちは、実は「神々」は爬虫類人であるという幻想を作りたかったということである。これもまた人間たちに、記憶喪失を継続させるために設計された幻想の一部である。

   地球に偽(いつわ)りの文明を植え付けた存在たちは、あなた方人間と全く同じIS-BE(イズ ビー)(不死の霊的存在)たちである。「旧帝国」でIS-BE(イズ ビー)たちが住んでいる生物的な肉体の多くは、地球の人間の肉体と外見は非常に似ている。つまり、「神々」は爬虫類人ではないのだ。たとえ彼らが頻繁(ひんぱん)に蛇のように振る舞うことがあったとしてもである。

西暦1034年~1124年―   アラブ世界のすべての人間たちが、1人の人間によって奴隷(どれい)にされてしまった。その人間は山の老人、ハッサン・イブン・アリー=サッバーフという。彼は恐怖と怖(おそ)れを通して、インド、小アジアと地中海沿岸地方の大部分を支配したイスラム教の一派として活動し、ハシシンを創設した。かれは神官職に就き、非常に効果的なマインド・コントロール・メカニズムと恐喝の道具を使用した。その道具の使用は、「暗殺者」たちが文明化された世界を数百年にわたり支配することを可能にした。

 彼らの手口は単純である。   若い男たちが誘拐され、ハシシを使って失神させられた。彼らはミルクと蜂蜜(はちみつ)の川で装飾されたハーレムの中で目覚めさせられ、そこに作られた美しい黒い瞳の乙女たちで満たされた庭の中へ連れて行かれた。若い男たちは、自分は楽園にいると教えられた。彼らは殺すようにという命令に従い自分を犠牲にすれば、ここに戻って永遠に住むことができると約束された。男たちは再び気絶させられ、暗殺の使命を遂行するために再び世界に押し出されていったのである。

   その間、「山の老人」は、カリフあるいは自分に支払いを強要したどこぞの金持ちに使者を送り、ラクダ数頭分の黄金、スパイス、香料、あるいは他の貴重な品を届けるよう強要した。そして、もし指定した時間通りに物が到着しなければ、自分に対して罪を犯した人間たちを殺すために暗殺者が送られた。自分の使命を全うし、殺されて「天国」に戻ることだけを望んでいたこの惨めな暗殺者が、自分を守ることはほとんど不可能であった。

   これは洗脳とマインドコントロール・オペレーションが、巧みにまた強制的に使用されると、いかに単純で効果的であるかを示す非常に大雑把な例ではある。これは「旧帝国」による地球のIS-BE(イズ ビー)(人間)に対して、どのように記憶喪失・マインドコントロール・オペレーションが使われているかの小規模な実演である。

西暦1119年―   テンプル騎士団が、第一十字軍の後にキリスト教の軍事組織として設立されるが、地球に残る「旧帝国」の名残りを盛り返すために行動する工作員たちの資金集めのために、それはすぐに国際銀行家システムの基盤に変えられた。

西暦1135年~1230年―   ドメイン遠征軍は、地球周辺の太陽系で行動していた「旧帝国」宇宙艦隊の残党の残りを完全に壊滅させた。だが残念ながら、彼らの長い歴史を持つ思考コントロール・オペレーションの大部分は、損なわれないままである。

西暦1307年―「旧帝国」工作員たちは国際銀行家たちを操作している

   テンプル騎士団は、騎士団に対して多額の借金を抱えていたフランスの王フリップ4世により解体させられた。彼は騎士団の富のすべてを没収することにより、自分の借金を帳消しにしようとした。そのために法王クレメンス5世の騎士団の団員たちを糾弾し、逮捕し、偽りの自白を提供するように拷問し、火あぶりの刑にするよう圧力をかけた。

   テンプル騎士団のほとんどはスイスに逃れた。そこで、現在地球の経済を秘密裏に支配している、国際銀行家システムを設立した「旧帝国」の工作員たちは、国際銀行家たちに対して見えない影響力として行動している。

戦争は人間たちを地球に拘束することを目的に計画的に起こされる

   これらの銀行家はひそかに地球の国家に武器と戦争を奨励し、資金を提供する非戦闘員の先導者として秘密裏に運営されている。戦争とは、囚人たちを支配する内在的な仕組みなのである。

 これらの国際銀行が出資している、無意味な戦争による大量殺戮と大虐殺の目的は、地球のIS-BE(イズ ビー)(人間)たちの活動を阻止するためである。つまり人間たちがオープンなコミュニケーションを共有し、一緒に協力して繁栄し、自分たちを拘束しているものから脱出するのを、可能にしてしまうかもしれない活動を防ぐことにある。』