⑦自分本来の姿を発見し、この記憶喪失の牢獄を脱出する

 『真実は、政治的、宗教的、あるいは経済的という便宜(べんぎ)的な祭壇の上で生贄(いけにえ)に」されるべきではない、というのが私個人の信念である。ドメインの士官であり、パイロットとエンジニアとして、ドメインにとってのより大きな視点から見た利益と、ドメインの所有物を守ることが私の大きな義務である。しかしそうは言っても、我々は自分たちが気づいていない勢力からは自分たちを守ることはできない。

   地球が宇宙の中でも隔絶されており、他に存在する膨大な数の宇宙文明から隔離されているということが、現時点で私とあなたがたくさんのテーマについて話し合うことの妨(さまた)げとなっている。安全保障と外交儀礼というものが、私がドメインの計画と活動について、一般的で大まかな発言以上のことを明らかにすることを妨げている。だが私は、あなたにとって有用であるかもしれない情報をいくつか与えることができる。

   私はすぐに「宇宙ステーション」に戻り、私の任務に戻らなければならない。私はドメインの士官、パイロットとエンジニアとしての義務と制限を考えると、あなたに論理的に与えても良いと感じた援助は出来る限り与えたと思う。だから私はis-be(イズ ビー)(不死の霊的生命)として、次の24時間以内に地球から立ち去るつもりでいる。

   私は自分の「ドールボディ」(体)をここへ置いていく。 なぜなら私の宇宙船はひどく損傷していることもあり、地球での修復は不可能だからだ。あなた方は私の残した「ドールボディ」を検査し、解剖し、研究することができる。私にとってそれはもう、これ以上役に立たないものであり、さらに私は他の使えるボディをすぐに入手できるために、それに対して愛着という感情を持っていない。

   この人形(ドールボディ)の中には、地球の科学者たちにとって有用なテクノロジーとなるものは何もない。だがこの「体」を成しているテクノロジーは単純ではあるが、それはあらゆる側面において、現時点であなた方が持つ分析力と模倣(もほう)能力で計算できるものを遥(はる)かに超えている。その「体」(ドールボディ)は生物的でもなく機械的でもないが、どのような地球型の惑星においても見つけることのできない材質と、古代のテクノロジーによる独特な製作物である。

   すでに伝えたように、ドメインの至る所で、非常に厳格で独特な社会的、経済的、文化的な階級の階層があり、それらは数千年の間変化がなく、破られていない状態のまま維持されている。そうしたドメインの社会では、is-be(イズ ビー)(不死の霊的生命である意識体)の士官に割り当てられる身体の種類と機能は、他のあらゆる軍事的な階級章と同じように、1人1人のis(イズ)-be(ビー)の地位や階級、寿命、訓練のレベル、指揮のレベル、人事記録と獲得した称賛に価する勲功章に従い、明確に分けられ変化する。

   私が用いている「身体」(ドールボディ)は、私の地位と階級の士官、パイロット、エンジニアのために特定して設計されている。宇宙船の墜落時に同乗していた同僚たちの身体は破壊されてしまったが、彼らの身体は私と同じ地位あるいは階級のものではなく、それより下位のものであった。そのためにそうした身体の外見や特徴、構成と機能は特殊化されたものであり、彼らの任務の必要性に合わせて制限されていた。

   墜落時に身体が破損した下級士官たちは、自分たちの身体からすでに立ち去っており、宇宙ステーションでの彼らの任務に復帰している。彼らの身体が被(こうむ)った損傷は、彼らがより下位の士官たちであるというのが主な理由であった。彼らの身体には部分的に生物的な体の部分が用いられており、そのためにその身体は私のものよりもはるかに耐久性がなく、回復力もなかった。  

   ドメインは、「旧帝国」の(記憶喪失(そうしつ))オペレーションがまだどこかに残っており、活動しているものを発見した場合、それがどこであろうと破壊することに躊躇(ちゅうちょ)しないが、それは我々のこの銀河系における第一の任務ではない。私は最終的には「旧帝国」のマインド・コントロール装置を無力化し、そのすべてを破壊することができると確信している。しかしこの実現のために、どのくらい長くかかるかを予測するのは不可能である。それは今の現時点で、我々はこのオペレーションの規模を未だ理解していないからだ。

   我々にわかっていることは、「旧帝国」のバリアは最低でもこの銀河系の(地球の存在する)こちら側の端の部分を、すべて覆うのに十分なほど広大であるということである。我々はまた経験から、各バリア発生器とis(イズ)-be(ビー)捕獲(ほかく)装置を感知し、その位置を測定し、破壊するのは非常に難しいということを知っている。それに、この試みに資源を投じることは今のところドメイン軍の目的ではない。

   これらの装置が最終的に破壊されることは、あなた方1人1人のis-be(イズ ビー)がそれぞれの転生時に、記憶が消されないという単純な効果により、あなたの記憶を回復することを可能にするかもしれない。しかも幸いなことに、(生命である)is-be(イズ ビー)の記憶は永遠には消すということはできない。

宇宙には非道な活動をする宇宙文明がたくさん存在する

   宇宙のこの領域の中で、さまざまな非道な活動を継続している、活発な宇宙文明が他にもたくさん存在しているが、そうした活動の中でも小さいことではないのは、自分たちにとって厄介者の(生命である)is-be(イズ ビー)たちを地球へ捨てて行くことである。これらの宇宙船の中でドメイン軍に対して敵意を持ったり、暴力的に敵対したりするものはいない。彼らは我々に敵対するような馬鹿な真似はしないからだ!

   ほとんどにおいてドメインは、惑星の資源そのものが永遠に使い物にならないような状況を避けるように守ることが主目的であり、それ以外には地球と地球の居住者たちに関心はない。銀河系のこの領域はドメインによって併合されており、ドメインの所有物であり、ドメインが最善だと判断したことに従い、望むように使用し処理することができる。そのために地球の月と小惑星帯は、ドメイン軍の常駐する作戦行動の基地となっている。

   また、このことは言う迄でもないことだが、この太陽系の中で人類あるいは他の者たちが、ドメインに干渉しようとする試みは、たとえそれが可能であったとしても、そしてそれは絶対に無理なことではあるが、速やかに処理される。しかしこれは深刻な懸案事項ですらない。なぜなら私が以前に述べたように、ホモ・サピエンスである(制限の多い生物的肉体を持つ)人間は、宇宙空間では活動できないからである。

   そして我々はもちろん、これまでの何十億年もの間、予定通りに進行し続けてきたドメインの拡大計画の次の段階へ継続する。次なる5000年間の間、ドメイン軍の活動と交通量はより一層増えていくだろう。それは広大な宇宙に我々の文明を広め、我々がこの銀河系の中心となるために、さらにその先へ前進していくからである。

自分の本来の姿を発見し、この記憶喪失の牢獄を脱出しよう!

  もし人類が生存するつもりであれば、あなた方が地球に存在するための、厳しい状況に対する効果的な解決策を協力して見つけなければならない。人類が、自分たちはただの生物的な肉体に過ぎないという概念を超えるためには、自分の人間としての姿を超越し、自分本来の本質的姿を発見しなければならない。

   それが、「自分はどこにいるのか?」「 自分はis-be(イズ ビー)(不死の霊的生命の意識体)であるということ」、また「is-be(という本質は神でありながら、それに気づいていない自分)とは何なのか?」 ということを発見しなければならない。一度、これらの気づきに達すれば、あなたが今いる現在の監禁状態から脱出できるかもしれない。さもなければ、地球のis-be(イズ ビー)(人間)たちにとって未来はないだろう。

   現在、ドメインと「旧帝国」の間で進行中の戦いは行われていないが、一方で思考コントロール・オペレーションを通して、地球人類に行なわれている「旧帝国」の秘密裏の行動は未だに存在している。これらの活動が未だに存在していることを一度知るならば、あなた方はそれらによる影響を明白にハッキリと観察することができる。

かつての真珠湾戦争において人類を遠隔思考コントロールする存在たち

   人類に対する「旧帝国」のこうした行動の最も明白な例は、突然の不可解な行動による「事件」に見出すことができる。(1947年現在)最近起きた事例としては、(1941年12月に)日本が真珠湾を攻撃する直前に、アメリカ軍の中で起きたものがある。

   それは攻撃のほんの3日前に、権力者の誰かが、真珠湾に停泊していた米軍の全ての船に、港に入って点検するために錨(いかり)を下すように命令したのだ。それらの全ての船は弾倉から弾薬を取り除き、船倉に貯蔵するように命令された。しかも攻撃の前日の夕方には真珠湾のすぐ外に日本の空母艦が二隻(にせき)停泊しているのが発見されているにも関わらず、パーティが催(もよお)され、全ての提督(ていとく)と将軍たちはパーティに出席していた。

   本来ならここで取るべき行動は、電話で真珠湾にいる米軍の船に直ちに連絡し、戦争が始まる危険性を警告し、弾薬を戻し、船に港から外洋へ出るように命令することである。

   日本の攻撃が始まる約6時間前に、アメリカの軍艦が港のすぐ外で、日本の小さな潜水艦を沈めた。だがその出来事を報告するのに電話ではなく、その警告文書はわざわざ極秘の暗号に変えられ、それを暗号化するのに約2時間かけ、解読するのにまた2時間かけた。そして真珠湾にいる米軍の船に届くはずの警告文書は、真珠湾の日曜日の午前10時まで到達しなかったのだ。つまり、日本軍による攻撃がアメリカ艦隊を壊滅させた2時間後になるまで、警告文書は止め置かれたのである。

   このようなことは、どのようにして起きるのだろうか?

     こうした明らかに破滅的な過ちの責任を負った男たちを裁判にかけ、率直に自分たちの行動と意図を正当化するように説明を求めたら、あなたは彼らが自分たちの仕事を非常に誠実にこなしたのだということに気づくだろう。通常彼らは、国民と国家のために自分の最善を尽くす。しかし突然、どこからか全く知らない、感知できない源から、こうした「あり得ない」狂った説明できない(思いつきという)思考と事態がやってくる。

「彼ら」は人間を動かしてゲームをして遊んでいる

   「旧帝国」の思考コントロール・オペレーションは、少数の非常に小さな頭脳を持った老いた「猿」(ともいうべき)グループによって実行されている。彼らは、放っておけば全く問題なく自分たちの面倒を見ることができるis-be(イズ ビー)(人間)たちをコントロールし、破壊する以外には何の意味もない陰湿なゲームを遊んでいる。

   そしてこの種の意図的に作られた人工的な事件は、マインド・コントロール・牢獄(ろうごく)システムの運営者(旧帝国のis-be(イズ ビー))たちによって、人類に力づくで押し付けられている。彼ら牢獄の監守たちは常に、地球のis-be(イズ ビー)たちに対し抑圧的で全体主義的な活動を促進し、援助する。

   つまり、囚人(人間)たちには常に内輪もめさせておいたほうが都合が良くはないか? とか、狂人たちに権力と力を与えて、地球の各政府を運営させるようにしたほうが面白いんじゃないか? と。こうして地球のそれぞれの国の犯罪政府を運営する男たちは、「旧帝国」の姿を隠した思考コントロール管理者たちによって操作され、与えられた命令を模範にしている。

   人類は長い時間を、この姿を隠した遠隔思考コントロールをする相手とシャドーボクシング(隠れた戦い)を続けることだろう。それは人類であり続ける限り続くだろう。だから地球のis-be(イズ ビー)たちはこれまでと同じように、繰り返し、繰り返し、繰り返し、輪廻転生を生き続けるだろう。

   かつてインド、中国、メソポタミアギリシャとローマの、文明の興亡(こうぼう)の間に生きていたis-be(イズ ビー)たちが、現在はアメリカ、フランス、ロシア、アフリカと、世界中の生物的肉体の中に転生している。

   こうしてそれぞれの転生の間を、まるで新しいこれまで生きたことのない唯一の転生であるかのように、全てを忘却して初めから完全にやり直すために、地球のis-be(イズ ビー)たちは再び地上へ送り返される。彼らは苦痛と不幸の涙と汗、そして謎の中で再び新しく人生を始める。

   一部のis-be(イズ ビー)たちは、他の者たちよりももっと最近に、他の惑星から地球に移送されてきた。そうした一部のis-be(イズ ビー)たちは地球ではまだ数百年しか過ごしていないために、地球のより以前からある文明に関する個人的な体験を持っていない。彼らは地球での体験が短い。そのため、もし彼らの記憶が回復されたとしても、ここ地球での以前の自らの存在を思い出すことはないだろう。だが彼らは、あるいは他の惑星での他の時代に生きた転生を思い出すかもしれない。

   一方で、レムリアの最初の日々から地球にいる者たちもいる。 どちらにせよ、地球のis-be(イズ ビー)(人間)たちが記憶喪失のサイクルから脱出し、あなた方を捕らえた者たちによって設置されたトラップ(罠(わな))を打ち破り、自分たちを解放しない限り、あなた方は永遠にこの(輪廻転生の)サイクルの中にいることになる。

   ドメインもまた、我々の(仲間である)is-be(イズ ビー)が地球に3000人囚(とら)われているために、この問題を解決することには利害関係がある。あなた方が知る限りにおいて、宇宙では未だこれまでにこの問題に直面して、効果的に解決されたことはない。我々はそれが可能な時と場所では、そうしたis-be(イズ ビー)(人間)たちを地球から解放する努力を続けるが、そのためには前例のないテクノロジーを開発するための時間と、そうするための勤勉さを必要としている。』