至高なる存在と繋がるネットワーク(サヴァリン・インテグラル・ネットワーク)

   至高なる存在と繋がるネットワーク(SIN)はすでに存在している。

   それどころか実際にはこれまでも常に存在していたのである。しかしあなた方はこれに繋がる方法、あるいは技術的な接触の方法をいまだに持ってはいない。地球は、現実的には主として機械的、電気的性質の技術を構築してきたのであるが、最近になってようやく電磁気のエネルギー・フィールドと、ホログラフィー技術についての理解の入り口に立ったところだ。

   しかし残念なことではあるが、その発展の初期段階においてすでにそうしたテクノロジーは、ほとんどが軍事目的及び経済的支配のために利用されるだけである。このことは未来における技術においても変わりないだろう。

   しかしながら、SIN(至高なる存在のネットワーク)はそういった利用目的の技術と接続されることはない。その理由は技術的なことではなく、倫理的に不適切であるからだ。SINとは、現実に多次元宇宙の次元のすべてに存在するもので、光のうちにコード化されたフィラメントから成る亜電子のネットワークである。

   SIN(サヴァリン・インテグラル・ネットワーク)を、創造の源から発する無数の光の糸だと考えてほしい。それは蜘蛛の巣のように実体のあるものであり、まさにあらゆる生命形態をすべての根源や他のすべての実体へと繋いでいるのだ。SINとは、実体に知識を送信し、また実体から知識を受け取ることを目的としており、「至高なる根源」が使用する有機的なネットワークなのである。

   SINは最終的には、オーリン・テクノロジーと接続されるが、これにはあと数百年を待たなければならないだろう。このインターフェイスなる接続は、あなた方の地球の技術及び宇宙論の遙かに超えたところに存在する。そしていかなる惑星のシステムも、それを応用する分野において、その真意と意図の純粋性が完全であると見なされるまでは、SIN(至高なる存在のネットワーク)に接続する資質を獲得することはできない。なぜなら、ただ「至高なる根源」のみが、惑星システムとSINとの結び目を造る時期を決めるからである。

   これこそがウイングメーカーが目的としている核心なのだ。

   つまりあなた方が、SINとの接続の機会を待っている間、我々は地球がSINとの結び目を得られるようにと支援するだろう。我々のすべてのそれぞれの実体は、SINの結び目を取り持つものであるが、この結合は読んだり聞いたりして知る以外にはほとんど認知されてはいない。この結びつきは現実のものであり、それは時を超えたものである。

   それが起きるのは、実体の最も最奥に存在する「かけら」とも、核とも言うべき部分である。そこにおいて、「すべての根源の心臓のレプリカ」が鼓動を響かせている。これは唯一の根源の貯蔵庫であり、それが放送塔のように全方位に合図を送るように、ユニークな波動を発散しているのだ。

   そして今では、あなた方地球の物理学者でさえが、いわゆる「超ひも理論」の研究によってSINの存在を示す予備的な証拠の発見に至っている。我々はあなた方に明言しておくが、SIN(サヴァリン・インテグラル・ネットワーク)こそが時間を越えた世界への導管であるという根本的な理由から、いかなるネットワークも最終的にはこのネットワークに取って代わるのであると。

   そしてこれが、当初はあなた方のインターネットと類似した技術的な入り口を通じてであるが、すべての人間型種族を引き寄せる最終目的地であると。インターネットは究極的に、コード化された光のフィラメントが構成する「生物型のポータル(港・岸)」に繋がり、根源の世界へと導かれていくだろう。

   人類が、サヴァリン・インテグラル・ネットワークを利用するために自らの遺伝子の記憶を変容させる時、SINは宇宙の海原を航海する際の「船」となるだろう。こうして「種」は自らが「神」となることを許されるのである。つまり存在の前段階において到達したすべての智慧と知識を駆使し、壮大な実験の全プロセスを再現できる、全く新しく生成された世界の「神」になることを許されるのだ。

   このプロセスは壮大なスケールのもので、多次元宇宙を通じて数え切れない膨大な世界で演じられているのだ。そしてこれらの驚くべきすべての創造活動を、根源の叡智とSINが指揮をとっているのである。

人類のたどるべき運命は「一つになること」

 ぜひお話しておきたいことがあります。

   新世界秩序(ニューワールドオーダー)やあらゆる諜報機関イルミナティフリーメイソン、その他世界中で噂されている地下組織というものがあります。そして今私がお話してきた「インキュナブラ」に関する情報がありますが、どうか彼らの動機についてのあなたの考えを、いったん保留にしてくださるようにお願いしたいのです。

   それらは色々と言われてはいますが、邪悪な組織ではないのです。

   それらの組織のメンバーはあなたと同じように子どももいれば家族もあり、まったくあなたと同様に同じものに喜びと嫌悪を感じます。彼らは貪欲さというまったく同じ欠点と弱さを持った人間なのです。しかし世界を改善する強い力を持っています。ただより良い世界という定義が、単にあなたとは違うだけなのです。(略)

   あなたは自分が選んだはずのない未来に導かれているという、ある種の苦悩を感じるかもしれません。しかしあなたが未来に影響を与えたいと願うのであれば、あなたはさまざまなことを学び、あなたの「未来を決めている力」に気づく必要があります。ここは自由意志の宇宙です。地球の運命を導く天使のような階層は存在しません。人類や個人に、悟りや気づきへの道を指し示すマスターは存在しないのです。

   あなたが本当に自分の自由意志を使い、それを表現したいと願うのなら、真実を知るために自らの自由意志をあなたの宗教にしてください。メディアと政府が売り出しているあらゆる物語の背後を見ることを学んでください。そして、あなた自身の結論を見つけてください。政治の舞台からあなたに伝えられるすべての物事に、健全な懐疑心を持ってください。特に愛国心がくすぐられる場合はそうなのです。あなたが、言われたことに疑いを感じることがもっとも明確なシグナルです。

   敵がつくられるとき、特に新しい敵や犯罪者がつくられて登場するときは、それを敵だと主張する人々の動機がどこにあるかに警戒しましょう。真実を調べてください。すべての岩の下を調べてください。そしてあなたの見つけた証拠を確認してください。あなたがグローバリゼーションの動きの一つ一つを知りたいと願うのであれば、調査と分析の方法を学ばなければなりません。

   あなたの洞察と理解は、人類がたどるコースをほんの1ミリも変えないかもしれません。しかしそれは、「移行」を感じるあなたの能力を変えるでしょう。なぜ? どこへ? 人類が進んで行こうとしているかを感じるようになるのです。

   独自の道を歩むほうを好み、グローバリズムというものが単なる愚かな考えであると信じている人々に対しては、私は、「単に移行は必ず起きる」と説明するだけです。そしてそれは私たち本来の在り方の表現なのだと。私たち人類の種にとって、自己のアイデンティティの内なる本質において、一つに融合するということは自然の経過であるのです。それは特定の国家や特定の宗教に対する信仰という、見せかけの外見に取って代わるものなのです。

   程度の差はあるとしても、誰もがこのことを理解すると信じています。

   ただ人々は、一つに融合する方法がどんなものであるかを心配しているのです。私たちが集合体としてこの計画を知り、実はその最終目標が、人類に約束されている偉大な計画であると理解するならば、この目標をより目覚しい早さで追い求めることができるのです。そしてそうすることが、すべての人々にとっての最高の利益になるという確信を抱くことができるでしょう。これこそが私たちの目標であるべきです。

   多くの人々がグローバリゼーションを、ニューワールドオーダー(新世界秩序)の概念だと感じているかもしれません。そしてそのために、そうした動きを貪欲さと権力欲を支持するものだとして退けているかもしれません。確かにこの世界には、こうした動きを個人的利益の追求に利用する人々が常に存在します。

   しかし地球上の人々が一つになる理由は、そうした少数の人々の個人的利益よりも、はるかに偉大なのです。さまざまな陰謀について読むときには、このことを思い出してください。