「自分が周囲の人々によって拒絶されていると感じているのであれば、まず他人を批判し拒絶する自分自身の傾向に気づき、これを修正すること」

「また、劣等感を感じる時には、周囲に対して高慢であった自分自身の性向に気づいて、直ちに改めるべきである」

「他者への嫌悪感は、自分自身への嫌悪感に過ぎない」

「他者への妬みは、自分自身の傲慢さが転化したものに過ぎない」

出来ないというりは、やりたくないという感情がもたらしたものに過ぎない」

「他者への恐れは、他者への敵意の転化したものに過ぎない」

「強烈な自意識は、他者への関心の強さの反作用に過ぎない」

「自分を悩ませているのは、他人や外部の事件ではなく、自分自身に外ならない」

「自分の感情の責任は、自分自身にこそある。それを確認する時、悩みそのものが消え去る」