禍福は糾える縄の如し   

 幸福と不幸は表裏一体で、かわるがわる来るものだということのたとえ。災いと幸福は表裏一体で、まるでより合わせた縄のようにかわるがわるやって来るものだ。不幸だと思ったことが幸福に転じたり、幸福だと思っていたことが不幸に転じたりする。成功も失敗も縄のように表裏をなして、めまぐるしく変化するものだということのたとえ。

史記・南越列伝』には「禍に因りて福を為す。成敗の転ずるは、たとえば糾える縄の如し」とあり、『漢書』には「それ禍と福とは、何ぞ糾える縄に異ならん」とある。「糾(あざな)える」は文語動詞「あざなふ」の命令形+完了を表す、文語助動詞「り」の連体形からで、「糾(あざな)う)」は「糸をより合わせる」「縄をなう」を意味する。