真理は自分で理解するもの   

 霊的な根拠を、現象をもってして証明することはなかなかできないものですが、それでも、私はできるだけこの本を「科学的」に書こうと試みるつもりです。とは言え、けっして証拠を示したりして人を説得しようとも思いません。科学的とは、分かるように、理解できるように、納得できるように表現する、ということです。決して証拠を示すということではありません。この本の中にも証拠は一切ありません。動かぬ証拠を見せようとか、人を説得しようとかする想いのエネルギーは新しい地球にはもち込めないエネルギーです。説得というエネルギーについてはまた後でふれますが、そういう想いで文章をつづると、文章に良い波動をもち込むことはできないでしょう。明るい未来を造ろうとしている宇宙も、私がそういうやり方をする限り、私を支援してはくれないでしょう。それでは私の中に神からの贈り物である未知からのビジョンやアイディアとしての気づきもやってこず、結局は読者の魂と私の魂がこの書を通して通じ合うという、この本の目的も達成されないと思えるのです。もしも宇宙を創った創造神が本気になって霊的な証拠を人間に提示して真実を理解してもらおうとしていたのなら、とうの昔にできていたことでしょう。宇宙人はいるのかとか、UFOは存在するのかとか、あるいは様々な霊現象は本当なのかとか、そんな結論の出ない討論を延々と繰り返すことはとっくに無用になるほどの証拠を、いくらでも示すことができていたことでしょう。なにしろ、この広大な宇宙と、そこに棲む生命を創ったのですから。でも宇宙の意思は、進化の法則でもある宇宙の法則を尊重してそれをしなかったのです。証拠をもってして霊的真実を理解するというのは、自分の中で確信するということとは程遠いからです。それは盲目へとつながります。 私がここで述べていることに関しましても、これらの情報は私にとっての真理として私の中にやってきたものなのですが、読者の方にとってはすべてが仮説であるわけです。私の中にやってきた情報が真理であると、私は読者の方を説得することはできませんし、そのつもりもありません。しかしここで書かれていることをすべて仮説で終わらせるか、読者の方の真理を自分の中に呼び込むヒントとして利用するかは、読者の方の自由意思なのです。魂をもって分かる人はそれを自分の中から分かる、分からない人、同意できない人はそれを認めないし信じようとしない、そういった現実は人の自由意思の結果としてあるのです。良いとか悪いとかいう問題ではなく、必要なものは分かるが、必要でないものは分かる必要も同意する必要もないということなのです。互いが立場を異にする相手を説得しようとしたり、自由意思をコントロールしようとしたりすることは、今後の新しい地球の生き方ではないのです。分かるという本当の理解は、外部の証拠によって得るものではありません。本当に必要とする真の理解は、真理として常に自分の中にやってきて、未知からの贈り物として自分の中で分かる(伝えられる)ものだからです。宇宙は私たちのそれぞれが、今は意識することのできない高い自分とつながることによって、自分の真理に気づき、それを分かることを望んでいるのです。それが霊的自立、自己の確立なのです。真理は、一人静寂な心を保っているとき突然、前触れもなく、やってきます。自分のことは自分でする、自分の真理も自分で見つける、というのがこれからの生き方の基本となるでしょう。

「私たちには神と合意した成長の方向性があります。 私たちの意識がその方向に進むことを進化と言い、進化に向けた運動を正しいことと言います」

「真理は一人ひとり違うからこそ、一人ひとりが神とつながって自分の中から自分の真理を発見し、自分の道を歩まなければ自分の真理は理解できない」

2017年は大変動の年であり、隠されたものが表に出て来る岩戸開き、貴方様の中に隠していたものが表面化してまいります。外側も私たちの意識によって只今(ただいま)隠されたものがどんどん表面化しております。必要なものを刈り取り収穫し、必要でないものも刈り取り手放す。要するに、ありのまま、あるがままの真の自分に戻る為に、貴方様の中に隠していたものが表面化し、すべてを許し認め受け入れる事ができれば、その流れの中で自然に手放しが始まります。勿論(もちろん)、許す事ができなければ貴方様は今以上に痛みを伴うことでしょう。しかし、素直になって自分のすべてをまるごと許す事ができれば、貴方様は抱えていた荷物をすんなりと手放す事ができます。その時の貴方様のエネルギーは一氣(いっき)に軽くなり、心が晴れ晴れとした爽快感と開放感を感じることでしょう。心に嘘を付いて今を生きようとすれば、摩擦が起きてまいります。自分の中を洗いざらい見せられる為に、大なり小なり痛みを伴い、これ以上自分に嘘を付くことができなくなってまいります。2017年は最後の整理の期間です。2018年は地球の呼吸に合わせる生き方が必要となります。18の数霊は水と緑の地球の呼吸。水、自然、呼吸がキーワードです。2017年の終わりには、それぞれの整理が終了し、2018年にはそれぞれ個々の地球の呼吸に合わせ生きる事となります。どんなに顕在意識で繕(つくろ)っても、すべては潜在意識から拾い上げ、具現化している私たちそれぞれの瞬間、今。2018年を機に、今共に生き仲良くしている家族であれ、恋人であれ、仲の良い友人であれ、貴方様の周波数と合わなくなれば別々の世界へと進んでまいります。これは、簡単に言えば霊性の違いです。勿論、まったく同じ霊性の人などおりませんが、霊性(捉え方)の違いで選択する道が違う為に自然と離されてまいります。執着すればするほど、疎遠、死別といったような状況になってまいります。ラジオの周波数と同じように近い周波数でなければ捉え方の違いで自然と引き離されます。私たちは磁石のようなものなのですよ。今は、まだ捉え方が違っていても行き来ができますが、2018年に入ると一氣に引き離され、行き来ができなくなってまいります。周波数の違いで離れる現象は個人の力ではどうすることもできません。これは宇宙の法則です。そして、私たちの集合意識で大きく動いている世界ですから、どんどんエネルギーと共に時間は加速し、その現象はこれからもっと早く具現化されてまいります。心に嘘を付いても宇宙(自分)は見過ごしませんので表面で繕(つくろ)っても、答えは貴方様の中にあるものが具現化致します。ですが、恐れる必要はありません。なぜならば、その現象が起きて来ても、すべて貴方様が選択した道ですから、流れが大きく変ってもその道を辿(たど)るしかありません。他の道はまったく見えなくなるのですから見えている道を歩むのみです。起きた出来事を受け入れるしかないということです。亡くなられたお方様とどうにかしてでもこの地球で共に生きたいと思っても無理だということを私たちは知っております。すべては流れです。学ぶ事が無くなれば、その人から卒業ということです。向上(進化)するために私たちは前に進んでいるのです。留まる事はできなくなってくるということです。ですが、留まる事を選択するお方様もいらっしゃることでしょう。磁石同士である私たちは、互いに摩擦があり、くっつくことができないのに無理にそこに滞在すれば、磁石で分かるように陽と陽では統合できない為に、力尽きてどちらかが跳ね返されるということです。「心に嘘(うそ)を付かず、感じたままにハートで行動してください」。今の瞬間が次の瞬間、また次の瞬間をつくっておりますから、今にフォーカスし、我慢することなく今素直に感じた事を行動してみてください。これが真の貴方様であるハイヤーセルフのナビであり、貴方様の心が喜ぶ生き方です。外側もどんどん浄化されております。貴方様の内側も同時にどんどん浄化されてまいります。情や執着を手放していないお方様はどんどん手放して行ってください。手放さずに持ち続ければ、必ず一氣にそのエネルギーは膨張し、爆発するような痛みの体験をする事になります。真は魂だという事をお忘れなく!外側に翻弄されないように!大きな津波に呑み込まれないように今のうちにどんどん貴方様が抱えているカルマを解消していきましょう。魂の声に従ってください。魂の声は貴方様の真の声です。新しい世界がワンネスになっていくのは分かっているのですが、それでもその新しい世界に向かって発信していくことが必要なのです。何もせずにその道へは辿り着きません。愛ある行動を!動物も自然も何もかも自分であり、ワンネスです!忘れないで頂きたいです。オハナたちと私の毎朝の日課。動物たちのお世話にセンターの掃除などを終え、元氣の源ネイティブファームへ行き、それぞれが作物たち(精霊)との会話と共に愛のエネルギーを繋ぐ。その後に私が宇宙の中心からシリウスから、そしてアルクトゥルースから、他の高次から、そして太陽と月に微生物たちの力をお借りし、地球の中心(大地)からのエネルギーを繋ぎ合わせ、私の愛のエネルギーをその中に注ぎひとつ、ひとつ丁寧に愛を込めて精霊たちに声を掛け波動調整しております。元氣の源ネイティブビレッジのオハナたちは自主的に主体性を持ってハートで行動しております。あなたがフォーカスするものは何でも拡大・強化されるというのは、宇宙の普遍的真理。