放蕩息子の譬え話  Parable(パラボー) of(オブ) the(ザ) Prodigal(プロディガル) Son(サン)

 聖書 「ある人に二人の息子があった。ところが、弟が父親に言った、『父よ、あなたの財産の中で私が頂く分をください』。そこで、父はその身代を二人に分けてやった。それから幾日もたたないうちに、弟は自分の物を全部取りまとめて遠いところへ行き、そこで放蕩に身を持ち崩して財産を使い果たした。何もかも浪費してしまった後、その地方にひどい飢饉があったので、彼は食べることにも窮し始めた。

 そこで、その地方のある住民のところに行って身を寄せたところが、その人は彼を畑にやって豚を飼わせた。彼は、豚の食べるいなご豆で腹を満たしたいと思うほどであったが、誰もくれる人はなかった。そこで彼は本心に立ち返って言った、『父のところには食物の有り余っている雇い人が大勢いるのに、私はここで飢えて死のうとしている。立って、父のところへ帰って、こう言おう、父よ、私は天に対しても、あなたに向かっても、罪を犯しました。もう、あなたの息子と呼ばれる資格はありません。どうぞ、雇い人の一人同様にしてください』。

 そこで立って、父のところへ出かけた。まだ遠く離れていたのに、父は彼を認め、哀れに思って走りより、その首を抱いて接吻した。息子は父に言った、『父よ、私は天に対しても、あなたにむかっても、罪を犯しました。もうあなたの息子と呼ばれる資格はありません』(「自他分離の幻想の中にいた」という過ちに気づいた。「メーテルリンクの青い鳥」「長者窮子の譬え」などと同じ話)。しかし父はしもべ達に言いつけた、『さあ、早く、最上の着物を出してきてこの子に着せ、指輪を手にはめ、履物を足に履かせなさい。また、肥えた子牛を引いてきて屠(ほふ)りなさい。食べて楽しもうではないか。この息子が死んでいたのに生き返り、いなくなっていたのに見つかったから』。それから祝宴が始まった。

 ところが、兄は畑にいたが、帰ってきて家に近づくと、音楽や踊りの音が聞こえたので、一人のしもべを呼んで、『一体、これは何事なのか』と尋ねた。しもべは答えた、『あなたのご兄弟がお帰りになりました。無事に迎えたというので、父上が肥えた子牛を屠らせなさったのです』。兄はおこって家に入ろうとしなかったので、父が出てきてなだめると、兄は父に向かって言った、『私は何ヵ年もあなたに仕えて、一度でもあなたの言いつけにそむいたことはなかったのに、友達と楽しむために子ヤギ一匹も下さったことがありません。それだのに、遊女どもと一緒になって、あなたの身代を食いつぶしたこのあなたの子が帰って来ると、そのために肥えた子牛を屠りなさいました』。(義務や正義または父に認められたいために我慢や努力をしてきために見返りを期待)。

 すると父は言った、『子よ、あなたはいつも私と一緒にいるし、また私のものは全部あなたのものだ。しかし、このあなたの弟は、死んでいたのが生き返り、(肉体意識であるエゴが死んで真我に繋がった)いなくなっていたのにみつかったのだから、喜び祝うのは当たり前である。」

この物語の主題は、差別されている者を受け入れて、神に逆らった罪人を、迎え入れてくださる神の愛である。登場する父は神を、「弟」(放蕩息子)は罪人である人間(異邦人、取税人、遊女たち)、「兄」はパリサイ派ユダヤ人を指しているといわれる。(キリスト教徒の過ちは、人間の行いを善悪で判断していること)

弟は、低俗的な欲求で生きていたが、自分の気持ちに正直に生きて、責任転嫁をしなかったことで本当の心の声(良心)に従うことができるようになった。しかし、兄の方は、父(神)と一緒にいながら父に依存・父の真似・教えを守ることが正しいことだと信じていただけなので真理に気づくことが出来なかった。