ソロモン 「受けることを考えずに与えよ。そうすれば、その報(むく)いは測(はか)ることもできぬほどとなる」

受けることを考えずに与えるとは、天国に行くため、人に認められるため、人に好かれるため、親に褒められるため、これらは全て見返りを期待するエゴ的な欲求になる。黄金律「他人から自分にしてもらいたいと思うような行為を人に対してせよ」