2021-08-14から1日間の記事一覧

握れば一点、開けば無限 一即多、多即一 フラクタル構造 下なるものは上なるもののごとく、上なるものは下なるもののごとし

悟る(覚醒する・汝自身を知る)ための知識、3つのポイント ①人が意識を向けた(集中する・凝視する)もの(対象)が現実化するという宇宙の仕組みがあります。従って、肉体を通して、人間の本質である神を現実化(顕現・神人合一)する為には、神(統一場…

「全ては一つ、全てはつながっている」という仕組みを理解し、感謝心が自然に湧きあがってくるレベルまで探究します。そして、あなたが体験する現実は、あなたが潜在意識に蓄積してきた記憶(観念・信念・執着)によって創造されていることを理解します。従…

同情をひくことによって譲歩と注目を勝ち取ろうとする。自分に起きたひどい出来事を話し、いかにも相手に責任があるように匂わせ、もし助けてくれなければひどい出来事はずっと続くと訴える、受身的なレベルで他人をコントロールする人。「被害者」と一緒に…

他人からエネルギーを得るために、批判的になる。誤りを見つけ出すという特定の目的をもって、尋問しては他人の世界に介入する。誤りを見つけ批判する。その戦略が成功すると、批判された人はドラマに引きこまれる。尋問者のまわりいると、自分のことが急に…

この世は、神があえて「思いどりにならないようにつくった場」だからね。「わざと思いどりにならないようにつくった?どうして神様が、そんな意地悪なことをしたんです?」「意地悪」なんかじゃないさ、これは「娯楽」だよ。この世は「神の、神による、神の…

もともと善行とは、五感から発生する自己防衛本能であるエゴをなくすことに意味がある。結果を期待して善行をすることはエゴを強化するだけで、ただそのことを認識しすべてを受け容れ、個としての自我を手放すことが出来れば本来の自分(神我)と一体になれ…

他人の出す不快な想念を受けた際に、ただそれだけでは自分に影響があるわけではないが、その想念に対して自分が怒りや恐怖の想念を持つことによって自分の現実を創造してしまう、どんな想念を受けても影響されないよになることが必要。その訓練所がこの三次…

本来、全てが一つであるので、自分以外のものを批判することは、結局、自分自身を批判していることになり、その通りの現実を創っている。視覚出来る世界は心の反映であり、鏡のようなもの、自分で自分を制限するという誤ちをおかしている。(自己暗示・自己…

プラシーボ効果(プラセボ) 薬効成分を含まないプラセボ(偽薬)を薬だと偽って投与された場合、患者の病状が良好に向かってしまうような、治療効果を言う。 心配事や不愉快なことがあったりすると、病気になりやすかったり、病が重くなったりするものであ…