2021-04-02から1日間の記事一覧

「自分が周囲の人々によって拒絶されていると感じているのであれば、まず他人を批判し拒絶する自分自身の傾向に気づき、これを修正すること」 「また、劣等感を感じる時には、周囲に対して高慢であった自分自身の性向に気づいて、直ちに改めるべきである」 …

宇宙の進化戦略(宇宙の理念・摂理)に反する行為 利己的な目的や素材的(物質主義・合理主義・分割意識)な領域のみ執着する人々は、大幅に進化が遅れてしまい、何度も「やり直し」を命じられる不安定な存在。

進化戦略の重要ポイント 外部からの刺激に応じて振動することを学習する事。まずは、低位の形態レベルのボディ「自己」、素材レベルのボディ「自我」でより粗雑で強力な振動を作用させる。人間は進化するに従って「思いやり」や「同情」が高まり、「悲しみ」…

素材レベルから形態レベル社会へ上昇するとは、「個人の身体を基盤とする社会」から「個人の意識を基盤とする社会」への移行すること。 「身体」を行動の基準としてきた社会機構は、全て自己防衛、自己保存の必要性から成立し、発展してきた。身体を基盤とす…

人間とは、進化を自覚的に志向(心がその物事を目指し、それに向かうこと)し得る唯一の存在である。進化を、目的をもって追求し得るという点において、人間は「神」と呼ばれるところの宇宙意識「創造主」と同一の属性を有している。人間はどんなことでも心…

〇 進化前の神我レベル(人間の意識は宇宙と一体)は無知の状態。より高度のあり方を実現させるためプロセスの展開を開始する。「境界」と「限界」を認識し他と区別されて存在する自分と死の観念を持った結果、恐怖感・不安感が発生した。 〇 意識進化のプロ…

選択話法 ➡「私は某コンサートホールで誰それの名曲を聴く」(第三者の視点から配列し直して表現する) 動態風景話法 ➡「会場全体に流れ下る美しく心に響く旋律」(分離した個体はなく、知覚の顕現それ自体を直接的描写する) 選択話法をはじめとして「主語…

〇 「命名」には人々の固定観念を形成しやすいという悪弊があり、意識進化にとって最も障害となる要因の一つです。その最悪の形態が「レッテル貼り」である。 これをやってしまえば、意識が発展することは絶対になくなります。レッテル貼りの心理の根底にあ…

〇 宇宙は、人間の意識を通して「目覚めを」獲得しつつある。宇宙は、「鏡」のような「自己反射的な意識」を利用し宇宙自身を確認している。また、そのプロセスにおいて、「自己反射的意識」を開花実現させようとしている。この大戦略の意図と方向性を知り、…

〇 宇宙の開始ビッグバンは、3次元宇宙に関してのみ言うならば、そういうことになります。これによって宇宙の全ての素粒子が作られた。素粒子は、「存在」と「非存在」との間を往還しています。「空」の状態から、どこからともなく素粒子が発生して、「質量…

〇 宇宙における実体形成の出発点は、そのマクロ的構造全体に浸透している「普遍的結び付き」の作用であり、「存在」の原点である。何かに関心を持つこと、興味を抱くこと、音楽や美に魅かれること、これが引力作用の心理レベルにおける発現形態であり、「愛…

〇 関心を核として、関連するあらゆる存在をその周囲に引き寄せ、存在の織物を編んでゆくことで、意外な核融合作用が生じてきたり、思わぬ発見が得られたりするようになるでしょう。量が一定の臨界量に達した時、突如として全体に質の変化が発生し、平衡の破…

〇 人間の身体は、量子の「相互作用」によって形成されています。絵画が眼前にある時、絵画より放射された光の波動が、内に流入し量子が相互作用し、量子状態に変化がもたらされます。人間の存在形態は、眼前の絵画ですら変化がもたらされることを意味します…

〇 人間の「知る」とは、宇宙の記憶を「想起」すること。宇宙が自己反射的に「想起する」作用でもある。人間が何らかの記憶を想起する時、それは過去の記憶でも未来の記憶でもなく「現在」の作用であり、現時点での行為なのであり、宇宙は「永遠の今」として…

〇 「存在」は、「作用」であり、「運動」である。全ての素粒子は「反粒子」を持っています。粒子と反粒子とが遭遇すると、両者は共に消滅して光子などのエネルギーに変わる。これと逆に、あるレベルのエネルギーがあれば、常に粒子と反粒子の対が出現します…

〇 宇宙意識は、本質を知るために多角的アプローチが必要だと認識した。その為に宇宙意識の分身である人間を作った。

〇 「空」の状態から、どこからともなく素粒子が発生して、「質量」となるのです。いわば「空」の状態は、全ての存在の源泉。一切が存在しないが故に、一切の存在が可能。(粒子即波動、波動即粒子)ということは、一瞬一瞬に天地の創造と破壊が起きている。

〇 多数決原理は、万物万象を「平衡化」「平準化」「平均化」するメカニズムを有しています。それは、創造的人間や社会的ダイナミクスのもつ駆動的機能を封じ込める事によって、社会に活動の死滅した状態をもたらす原理。「絶対多数による決定」は、進化プロ…