www.youtube.com

www.youtube.com

ヒマラヤ聖者生活探求 第十八章 イエスの自己完成への苦斗(くとう) 第三巻リシの法話が終わると、五、六名の人々がわたしたちのキャンプに向かって歩いてきた。その中にイエスがおられた。この方々がキャンプから少し離れた峯(みね)の斜面に集っていたことに…

ヒマラヤ聖者生活探求 牟尼の説法(牟尼とは聖者のことで、ハスティナプール近在の洞窟(複数)を担当している牟尼の中の一人) 「世界には二つの出来事しかない、人間の意識が確立される以前に既に存在して、現在も実在し未来も存続するものと、人類が人間…

神性を生きる ―アダマス・セント・ジャーメインからのメッセージ ひとりになるとき神性に目覚める 内なる目覚めにおいて、自分自身との時間を持つことがとても大切であることがわかります。あなたの人生の過去には、多くの安心感を得たいために、心地よく感…

陽(タカミムスビ)・中(アメノミナカヌシ)・陰(カミムスビ)) 時間的には・・・過去・現在・未来 生命的には・・・先祖・自分・子孫 空間的には・・・天・人・地 霊的には・・・神・顕・幽 位相的には・・・陽・中・陰 「天地不二 神人合一 天(アメ)…

わたしはアルファ(Α)であり、オメガ(Ω)である。最初の者であり、最後の者である。初めであり、終りである(無限)。⇒アルファ(Α)、オメガ(Ω)- ギリシャ文字の最初から最後まで。全て・永遠。 最初の者であり、最後の者である。(宇宙の創造主)。初…

フラクタル理論 細かな部分の変動の連続が全体を作り上げており、波の形が整数倍や黄金比に縮小されたり、拡大されたりして現れるとする理論。日本語では自己相似と訳す。自然界に存在しているさまざまな物象は、一見不規則な形をとっているが、拡大して見て…

百匹目の猿現象 宮崎県串間市の幸島に棲息する猿の一頭がイモを洗って食べるようになり、同行動を取る猿の数が閾値(ワトソンは仮に100匹としている)を超えたときその行動が群れ全体に広がり、さらに場所を隔てた大分県高崎山の猿の群れでも突然この行動が…

「マジック・プレゼンス」 ゴッドフリー・レイ・キング (著) 2015/6/15 ナチュラルスピリット 歴史的名著『ヒマラヤ聖者の生活探求』のアメリカ版! シャスタ山で著者のもとに現れたサン・ジェルマン(セント・ジャーメイン)。 体を自由に出現させる力を持ち…

アセンション~宇宙からのメッセージ 2012年冬至以降、年々セントラルサンから届く光のエネルギーは強力になってきています。2016年、まもなくその光が地球を包み込んで、すべての闇もまばゆい光に照らされ、真実が明らかになるでしょう。楽しみにそ…

宇宙パラレルワールドの超しくみ サアラ 自分がこの世界に来た目的は何か 霊的な探求とは、この物理的な次元に転生した自分の意味と目的を解明することから始まる。そのためには、今まで以上に霊的な視点から自分の現実を見つめ、あなたを取り巻く自然界をよ…

イニシエーション エリザベス・ハイチ著 唯物的な生き方をしていると、神性の力を奪われてしまう。物質世界の法則にすっかり従属し、神性を顕現することができない。神性は三次元世界の二大要素である時間と空間という支柱にはりつけにされ、物質の十字架の…

ヒマラヤ聖者生活探求 第十四章 元素の創造と転換・物質の変性と生命 第三巻『着いてみると、われわれの入ることになっていた宿舎に、十二人の人がひとかたまりになって座っている。わたしたちが近づいてゆくと彼らは起(た)ち上がり、宿舎の主(あるじ)が挨拶…

宇宙には『本気度』をはかるマスがある。その者がどれだけ『本気』なのかによって、刻一刻と光を発する量が変化してゆく。そして『本気』度のレベルに応じて、宇宙は光を降ろす。これが、今まで非公開になっていた宇宙の仕組み 本気とは、【本の気】(もとの…

ヒマラヤ聖者生活探求 第十五章 神の波動と蘇(よみがえ)りの原理 第三巻イエスが「ウェルドンが神秘に打たれた様子(ようす)が皆にも分かったね」と切り出してから、語り出された。 「これからあなたたちにお話をするが、よくそれを自分自身に言(い)い聞(き)…

ヒマラヤ聖者生活探求 第十六章 愛と猛獣(もうじゅう) 第三巻 名前もなく、年令もなく、久遠(くおん)である。相共(あいとも)にへりくだり、神性の中に在(あ)る方の話。 「あなたたちは野獣(やじゅう)を恐(おそ)れる必要はない。恐れなければ決して害は加えな…

ヒマラヤ聖者生活探求 第十七章 因果の超克・キリスト誕生の歴史 第三巻 大野外(だいやがい)宗教大会前日のリシの話。(リシとは、本来サンスクリットで、ヴェーダ聖典を感得したという神話・伝説上の聖者あるいは賢者達のこと。インド学では「聖賢」などと…

神性を生きる―アダマス・セント・ジャーメインからのメッセージ ひとりになるとき神性に目覚める 内なる目覚めにおいて、自分自身との時間を持つことがとても大切であることがわかります。あなたの人生の過去には、多くの安心感を得たいために、心地よく感じ…

『明かされた秘密』 ゴッドフリー・レイ・キング著 極東で幾世紀もの間、守られ保管されてきた偉大な知恵が、この地球人類の進化を導き、見守る偉大な昇天マスター方の命により、今やアメリカの地に表れる時が来た。 偉大な昇天マスター・サンジェルマンは、…

ライトボディの目覚め 改訂新版◆目次 日本のみなさんへの序文 P9 初版まえがき P14 1995年版まえがき 18P 1999年まえがき P20 たとえ話 P25 クラリオン・コール P31 大天使アリエルからの序文 P36 たとえ話 P25 ちょっと想像してみてください。昔む…

prism(プリズム) of(オブ) Lyra(リラ) 「大いなる源」からの分離した琴座文明の子孫。銀河系宇宙種族の起源を求めて。銀河系宇宙の各所に住む琴座文明の子孫たち。 1.次元の誕生2.銀河系宇宙一族の創造3.琴座ーーー人間型生命体の発祥の地4.シリウスの役割5.…

シリウスの超叡智 1、証拠を求めて 闇のエリートたちは、10万年にわたって地球上に存在した、アトランティスというその驚くべき大陸の事実を、単なる伝説と化すことに成功してきました。それは彼ら闇のエリートの祖先であるニビル星のアヌンナキが、アト…

カゴメ唄 (真理を意味している唄です。天界から作者の意識を通し伝えられ作られた唄) かごめかごめ 籠の中の鳥は いついつ出やる 夜明けの晩に 鶴と亀が滑った 後ろの正面だあれ? かごめかごめ 籠の中の鳥は (籠とは人間・肉体のこと、籠の中の鳥とは人…

鎖につながれた象 「できないよ」僕は言った。「できっこないんだ!」 すると彼はこう尋ねた。 「本当に?」 「うん。彼女の前できちんと自分の気持ちを伝えたい、ただそれだけなのに……。でもできるわけないんだ」 太っちょは、診療所につきもののあの味気な…

金星人オムネク 地球を救う愛のメッセージ 単行本 – 2011/12/18 オムネク・オネク (著), 益子祐司 (翻訳) ①魂とは存在の本質 あなたが注意を向けるところに、あなたのエネルギーが流れることを忘れないでください。あなたが否定的な問題に焦点を向けると、あ…

正法眼蔵 第七章『山水経』 而今(しきん)の山水(さんすい)は、古佛(こぶつ)の道(どう)現成(げんじょう)なり。ともに法位(諸法の安住する位)に住(じゅう)して、究盡(きゅうじん)の功徳(くどく)を成(じょう)ぜり。空劫已前(くうこういぜん)(永遠にも比せら…

霊界物語16巻18章~17巻4章 如意宝珠&海洋万里編(生き別れた肉親との再会(2)平助一家) 丹波村に住む平助(へいすけ)夫婦は、息子夫婦が亡くなったため、孫娘のお節を、実の娘のように大切に育てていました。ある夜、旅の男2人を泊めたところ、実はバラモン…

惟神霊幸倍坐世(かんながらたまちはえませ) 「かんながら」神様の御心(みこころ)のままにという意。「たまちはえませ」魂をさちあわせてください、魂を豊かにさせてくださいという意。神様の御心のままに。神様にお任せする。かむながら たまちはえませ(唯…

Māra(マーラ) 釈迦が悟りを開く禅定に入った時に、瞑想を妨げるために現れたとされる魔神。愛の神カーマと結び付けられ、カーマの別名又はカーマ・マーラとして一体で概念されることがある。マーラを降すことを降魔という。煩悩の化身であるマーラにとって、…